本文へスキップ

○○町の○○○科クリニック。三浦歯科医院です。

症 例topics

information症例14

  • 初 診  2021年3月21日
    年 齢  53歳
    主 訴  前に受診したところでは、全ての歯を抜歯して
          上下の総入れ歯にするしかないと言われたので、
          怖くなりそのまま放置していた。
          最近、物が食べられず胃の調子が悪くなり
          体調不良になっている。何とか歯を出来る限り
          残して治療ができないだろうか。
          毎日でも治療に来たい。
    要 望  前に受診したところでは、全ての歯を抜歯して
          上下の総入れ歯にするしかないと言われたので、
          怖くなりそのまま放置していた。
          最近、物が食べられず胃の調子が悪くなり
          体調不良になっている。
          何とか歯を出来る限り残して
          治療ができないだろうか。
          毎日でも治療に来たい。
    治療方針 保存不可能な歯は抜歯し速やかに全額的な        仮歯を入れて咬み合わせを回復する。
          歯周病の治療を並行して行い
          最終補綴処置を行ったのちに、
          継続的なメンテナンスを行っていく。
     
  • 補綴治療終了日 
     2021年12月1日
  • 症例写真

    ビフォー
    ぐらついている上の前歯はレジンで固定されているが、
    それぞれの歯がグラグラして全く物が噛めない状況になって
    いました。歯肉の炎症もひどく、プラークの付着も著しい。

 アフター
 治療開始から71日目、
 通院回数23日で すべての補綴治療は終了しました。
 上下ともフル マウスブリッジにより全顎固定がされているために
、動揺していた歯牙の動揺もなくなり
 極めて快適な食生活を送るようになったとのこと。
 ブラッシングも大変良く頑張られてお り、
 歯肉も初診時とは見違えるように引き締まり
 健康になっています。



 ※症例に興味のある方は、PCサイトをご覧ください。











症例-12
症例-13

症例-15